1月
21
2016

今日お金が必要なときは物を売ることで工面する

Tags:

お金に関するトラブルはいつのときも突然で、本当に困ってしまいます。そんなときすぐお金を用意できるかどうかはそのトラブルを解決できるかどうかの重要な分岐点であり、どういう風に対処していくかが問われます。即日お金を用意するなんて当日融資可能なキャッシングやカードローンを利用するしかないと思ってしまいがちですが、それ以外にも方法はあります。それは自分の持っている物を売るということです。

ここ最近はそういう人が増えているという事情があるからか、リサイクルショップを筆頭とした物品の買取を行うお店は決して少なくないです。そういうリサイクルショップはたいていの場合何でも買取をしてもらうことができますので、何かしらお金になりそうな物を持ってさえすればそれでお金を工面することができます。

価値のある物がどれかあらかじめ知っておかなければならないという準備は必要ですが、それさえわかっていればある程度のお金に換えることができます。数十万円というような大金となるとさすがにすぐは難しいですが、数万円程度ならブランド物や貴金属を一点売ればそれで何とかなります。そういうのを一点も持っていないとなる厳しいかもしれませんが、すぐにお金が必要なら物を売るのは有効な手段です。

本当に家の中がすっからかんで価値のある物がないというのならそのときは即日融資可能なキャッシングやカードローンの出番ですが、そうでないのならまずは物を売ることで今日お金を工面することができます。

今日お金が必要なときは物を売ることで工面する はコメントを受け付けていません。
7月
24
2015

身内と消費者金融からの借り入れの違い

私は旅行好きで、月に2~3度は宿泊旅行に行きます。
収入が多いわけでもないので、お金を借りる機会がとても多いです。
私の場合は消費者金融よりも、友人や親戚にお金を借ります。
やはり一番の理由としては、ケチ臭い話ですが、金利ゼロキャッシングと違って、無利息だけど書類や審査等も無く、相手の承諾さえもらえれば、簡単に借りれるからです。
ですが、返却期間を曖昧にしてしまったり、期日を過ぎたりしてしまうと、お互いの信頼関係等の崩壊にもなってきます。
私は普段から人間関係を一番大事に思っていますので・・・
実質借りやすさだけでいうと、消費者金融でお金を借りる方が簡単だと思います。
ただし、消費者金融からの借り入れだと、返却が滞ってしまえば、人間性よりも社会的にも危うくなってきます。
一度返却が滞ってしまえば、それが積み重なり、後々に大変な事になっていくと思います。
もしも数十万のお金が必要になった時、どちらから借りるかといわれましたら、借りれるのであれば、信用出来る友人に借ります。
消費者金融に借りてしまうと、万が一の場合を考え、安易に多額の借り入れはしない方がいいかなと思います。
友人であれば、少し遅れても、自分には甘いかもしれないですが、少しずつでもいいので、返却し、当たり障りのないように返していくと思います。
これら二つの借りる先の違いは、社会的な問題なのか人間的な問題なのかの差が一番関係してるのではないのかと自分の中では考えています。”

身内と消費者金融からの借り入れの違い はコメントを受け付けていません。
5月
08
2015

友達の輪の中にいたくて。

大学のときに、ついおしゃれにばかり気がいっていました。友達がブランド物を持っていたりすると、つい羨ましくて自分も欲しくなったり。それに自分も持っていないと友達の輪の中についていけないような気がして。

一人暮らしをしていましたが、いけないとは思いつつも親が生活費として入れていてくれたお金に手を出し、欲しかったブランド物の財布を買いました。おかげでその月の食費はすぐになくなりました。

しかも友達とランチにも行かないといけなかったので、ケチることもできなくて。正直、消費者金融に行ってカードローンで借りてみるべきかと悩みました。

その時の私はお金を節約するというよりもいかに友達と仲良くして大学生活を楽しむかが重要だったんです。でも、大学に入るときに親に言われていた「絶対にお金を借りてはいけない。困ったら連絡しなさい。」というのが頭をよぎって借りられませんでした。

結局、素直に親に事情を説明したら、無茶苦茶怒られましたが、お金を借りることができました。その時の「なんのために大学に行ってるの?」という親の悲しむ顔が印象的で、そこからはお金に気を付けて過ごすようになりました。

友達の輪の中にいたくて。 はコメントを受け付けていません。
3月
25
2014

お金がほしいから個人間でのお金の貸し借り

Tags: ,

私はお金がほしいので友人だと思っていた人に60万円のお金を借りました。今は友人だと思っていませんがそれは当時から友人だったのか?と自問自答を繰り返す日々が続いています。

そもそも友人だとすれば60万円の大金を貸すだろうか?もし、私が反対の立場だったら絶対に貸さない。理由はお金を貸して!と言ってくる人間はその時点で関係が崩壊しているからである。

よくある話ではあるが返済日にもう少し増やして返済してくれと言われ私は怒っている。貸してる側が強いのはわかるが無理難題を突きつけれれてはこちらとしても不履行せざるを得ない。

無理やりせまってきた理由を聞くと貸した本人が生活保護になったと言うのだ。なんでそんな状況になったのかと聞くと、病気で仕事ができなくなり、収入がなくなったから今すぐ返してほしいとのこと。

借りた当初と返済の約束が変わってしまったが私は約束通り返済をしているので悪いとは思っていない。ただ、生活保護だと思うと申し訳なく思う。お金が絡むと関係がギクシャクするというのは四方八方から来ることを学んだ。

お金がほしいから個人間でのお金の貸し借り はコメントを受け付けていません。
3月
20
2014

お金を借りる時に焦らないために

私たちがお金を借りる方法としては、例えばキャッシングやカードローンの利用があります。
嬉しいのは即日融資に対応している点です。
ですから、不意にお金が必要になった時でも慌てる必要がないのです。
もちろん審査がありますから、金額によっては身分証明書以外にも給与明細などの書類が必要になります。
慌てるとすれば、この書類の準備だと思います。
念のために、給与明細や税金の申告書などは分る場所に整理して保管しておくと良いでしょう。

お金を借りる時に焦らないために はコメントを受け付けていません。
3月
04
2014

ネットでお金を借りることは基本的にはしたくない

小さいころより両親に”肉親でもお金の貸し借りをしないように”と厳しく躾けられてきました。なので簡単に借りられるようになった今でもネットでお金を借りる(☆ http://www.gomuelastomer.net/)のは抵抗があります。

なので、”ネットでお金を借りる”と言う言葉に対しては、借りないようにする努力が必要と思います。ですが、これが例えば地方での車の購入や、一生で一番大きな買い物になる家の購入の場合であるのであれば、それは仕方のないことだと思います。

交通網の発達していない場所での車は必需品なので贅沢品にはなりませんし、家の購入の際には最低でも車の購入の数倍のお金が必要になると思いますが、この大金を一括で払うことができる人はほんの一握りだと思います。そのような時には、今の自分の収入や今後も見据えて、返済が可能な金額を然るべき場所から借りることに対しては問題のないことだと私は思います。

ですが、これが高級ブランドのバッグを買いたい等となったときには、ネットでお金を借りることなく自分の手持ちの金額で買えるものを買ってください、と友人に対しても言うかもしれません。やはり身分相応と言う言葉もありますし、友人・知人、身内での安易なお金の貸し借りでそれまで築いてきた信頼関係が崩れてしまうものこそお金では解決できませんもの。

ネットでお金を借りることは基本的にはしたくない はコメントを受け付けていません。
2月
16
2014

お金を借りるのがいい時いけない時の判断

お金を借りる事にはやはり抵抗があります。何故?昔人間の私には年代的にお金を借りるという行為には「借金」「貧乏」「やりくりが下手」「返済に追われる」などと言った余り良くないイメージがついて回るからです。今のように気楽にどこででもお金が借りられる時代ではありませんでした。

しかしながら、家を買う、車を買う、大学教育資金そういった大きな出費にはちゃんとした金融機関、公的機関などの「ローン」という制度があり堂々と借りて良い!それが当たり前という概念の元、返済の見込みさえあれば堂々と借りますね。

ただし生活に困り、また自分の趣味のために「我慢」できずに、消費者金融などに安易に飛び込んで借りる・・・と言うのはいかがな物でしょう。また、クレジットカード会社からも容易にキャッシングできることも便利なようで、自転車操業のようにならないか心配な所です。

私自身はもちろん、夫、子供、身内なら絶対に許さないことです。とにかく「利息付返済」の所では借りるな!に尽きます。まずは相談せよ。

内緒でことを勧めるな!ということです。手軽にお金が調達できるところが増えた為に、「我慢」「倹約」「辛抱」「節約」等経済観念が薄れてきている人が多いように思います。頑張れるところまで頑張る。むやみに「借金」はしない。

お金を借りるのがいい時いけない時の判断 はコメントを受け付けていません。
1月
29
2014

銀行のカードローンのメリット

最近、銀行ローンの中でも注目を集めているのが、カードローンです。

まるで消費者金融のキャッシングのようでもありますが、実際のところその利便性は似ております。
銀行のカードローンというと、銀行のATMでしか利用できないという方も多いと思いますが、そんなことはありません。
銀行のATMは、自行、他行問わずに利用できます。
また、コンビニエンスストアの銀行ATMでも利用することができるのです。
しかも、借り入れだけではなく返済もできるというのです。
これはもはや、消費者金融のキャッシングと何ら違いはないといっても過言ではないでしょう。

それでいて、消費者金融のキャッシングにはないメリットというのもあります。
それは、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていることです。
総量規制というのは、年収の3分の1以上のお金を借りることは出来ないというルールです。
消費者金融のキャッシングは、この総量規制を守らなければなりません。
しかし、銀行のカードローンは総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上のお金を借りることができるというわけです。
これは、銀行であるということが大きな関係があります。
銀行はあまり営利目的ではないので、総量規制の対象外となっているのです。

銀行のカードローンのメリット はコメントを受け付けていません。
1月
22
2014

入院費にまとまったお金が必要で困惑。

お金が必要なことって、どんな場面でもあることです。
けれども、少額であれば銀行やコンビニのATMでお金を借りることができれば何とかなることが大半でしょう。
また、クレジットカードで決済するということもありますね。
けれども 、まとまった金額が必要になってしまうとかなり困ってしまう事があります。

自分の経験で言うと、入院費でした。
予期せぬ出来事たったのですが、ある事故で目を負傷してしまった時のことでした。

失明寸前の怪我で、緊急手術をしました。
結果的にはドクターの懸命なご尽力で失明にはならなくて済みました。

けれども、治療費が問題だったのです。
保健対象になるのでしたが、それでも特殊な手術でまとまった費用が必要だったのです。

退院するためには、その治療費を支払わなければなりません。
その蓄えはそれなりにあったものの、すぐにお金を準備できる時間がなかったのです。

最終的には親戚からお金を借りて立て替え払いをしました。
後日、保健も効き借りたお金も返却したのですが、
一時的に支払いが必要になった時に備えて、すぐに使えるお金を手元に
用意する事が必要なのだと痛感しました。

入院費にまとまったお金が必要で困惑。 はコメントを受け付けていません。
1月
14
2014

ATMを使っていて困ったこと

以前、インターネットで銀行口座を管理していたこともあり長年通帳を使っていなかったので、久しぶりに通帳記入をすることに。

あまりお客さんがいない近くの銀行ATMを選んで行き、並んでいる人もいなかったので安心して通帳を機械に入れたのですが、思っていた以上に記帳時間がかかり、後ろに3人程の列ができていて、皆さんのイライラした様子が伝わってきた時は汗が出てきてしまいました。

途中でキャンセルすることもできず、冷たい視線の中、通帳記入が終わるのをひたすら待って家に帰った思い出があります。

他に、いつも利用する郵便局のATMが、すぐに壊れてしまうことが困っています。

駅に1台だけ設置されていて、郵便局まで距離があり遠いので便利なのですが、使おうとすると警備員が前に立ち、専門業者の人がATMの修理を始めることがとても多いのです。

仕方がないので、近くの書店やスーパーで時間をつぶして修理が終わるのを待つことが良くあります。単に私の運が悪いのか、ATMに問題が多すぎるのか疑問です。

ATMを使っていて困ったこと はコメントを受け付けていません。